SDGsリース『みらい2030(ミライニーマルサンマル)®

2019年12月の取り扱い開始以降、
SDGsリース『みらい2030®』は
多くのお客さまにご賛同いただいております。

SDGsリース『みらい2030(ミライニーマルサンマル)®』とは

2019年12月、当社は株式会社日本総合研究所(日本総研)と共同で、SDGs達成に貢献できる国内初(注)のSDGsリース『みらい2030®』の取り扱いを開始しました。『みらい2030®』には、リース料の一部を当社がSDGs達成に資する公益財団法人またはNPO法人などに寄付する「SDGsリース『みらい2030®』(寄付型)」と再生可能エネルギーや省エネルギ-関連の設備を対象とし、設備導入による効果やSDGsへの取り組みなどの評価書がセットされた「SDGsリース『みらい2030®』(評価型)」の2種類をご用意しています。

(注)「寄付型」は、お客さまからの賛同を得て新規リース契約のリース料収入から定率を自動的に寄付する取引。「評価型」は、再生可能エネルギーまたは省エネルギー設備などに対する新規リース契約において、第三者評価に基づく環境負荷計算やSDGsへの貢献可能性を評価する取引。いずれも年間売上高1,000億円以上の国内リース会社を対象に、日本総研が公開情報を調査した結果(2019年12月18日時点)。

名称 SDGsリース『みらい2030®』(寄付型) SDGsリース『みらい2030®』(評価型)
対象取引 リース・延払・立替払 リース・延払
取扱総額 300億円 上限はありません。
対象物件 特段の定めはありません。 再生可能エネルギー関連設備
省エネルギー関連設備
契約期間 契約期間及び回収期間が2年以上 特段の定めはありません。
貢献可能な
SDGs目標
  • 1 貧困をなくそう
  • 3 すべての人に健康と福祉を
  • 4 質の高い教育をみんなに
  • 5 ジェンダー平等を実現しよう
  • 6 安全な水とトイレを世界中に
  • 8 働きがいいも経済成長も
  • 10 人や国の不平等をなくそう
  • 11 住み続けられるまちづくりを
  • 13 気候変動に具体的な対策を
  • 15 陸の豊かさを守ろう
  • 16 平和と攻勢をすべての人に
  • 7 エネルギーをみんなにそしてクリーンに
  • 13 気候変動に具体的な対策を
取引の開発・運用支援 日本総研
取扱期間 2021年4月~2022年3月
  • SDGsリース『みらい2030®』(寄付型)については、取扱総額に達した時点で受付を終了する場合があります。

※契約にあたってはSMFL 所定の審査・手続きなどがあります。

SDGsリース『みらい2030®』(寄付型)

社会課題の解決やSDGsに貢献したいお客さまに、SDGsリース 『みらい2030®』 (寄付型)をおすすめします。

おすすめポイント

  • お客さまからのリース料の一部が、SDGsに貢献する活動につながります
  • 他のお客さまと合算することで、大きなインパクトを出すことができます
  • 当社ホームページなどでご協力をいたただいたお客さま名を掲載します

SDGsリース『みらい2030®』(寄付型)のスキーム

画面を拡大してご覧下さい。

日本総合研究所からお客さま/SMFL/寄付先に対して①SDGsに資するスキームと評価があり、お客さま(複数)とSMFLの間で②SDGsリース契約、お客さま(複数)からSMFLに対して③リース料お支払い、SMFLから寄付先(NPO法人キッズドア)に対して④リース料総額の0.1%を寄付していることを示す図。

※1 リース契約以外(延払契約など)も対象です
※2 お客さまは寄付金控除などは適用できません

寄付先と貢献するSDGs目標

寄付先 主な活動内容
認定NPO法人ウォーターエイドジャパン
<SDGs目標>
  • 3 すべての人に健康と福祉を
  • 5 ジェンダー平等を実現しよう
  • 6 安全な水とトイレを世界中に
「すべての人々がすべての場所で、清潔な水とトイレを利用し、衛生習慣を実践できる世界」をビジョンにアジア、アフリカなど26ヶ国に展開。
日本の水・衛生分野の知見と日本からの支援を世界の水・衛生問題の解決に役立てるためのプロジェクトを実施。
NPO法人キッズドア
<SDGs目標>
  • 1 貧困をなくそう
  • 4 質の高い教育をみんなに
  • 8 働きがいいも経済成長も
「すべての子どもが夢や希望をもてる社会」を目指し、貧困の連鎖を断ち切る為、小学生から高校生・若者まで幅広い層への無料学習会を運営。
居場所支援、社会問題に対する啓蒙活動や政策提言、地方創生まで多岐にわたる活動を実施。
認定NPO法人難病のこども支援全国ネットワーク
<SDGs目標>
  • 3 すべての人に健康と福祉を
  • 10 人や国の不平等をなくそう
  • 16 平和と攻勢をすべての人に
子どもの難病は700種類を超え、全国に25万人以上が難病とともに生活。
子どもたちとそのご家族を支えるため、難病や慢性疾病等のある子どもに関する各種専門家による「相談活動」、サマーキャンプや親の連絡会等の「交流活動」、セミナーや機関誌の発行を通じた「啓蒙活動」等を実施。
公益財団法人日本補助犬協会
<SDGs目標>
  • 3 すべての人に健康と福祉を
  • 10 人や国の不平等をなくそう
  • 11 住み続けられるまちづくりを
日本で唯一、3種類の補助犬(盲導犬、介助犬、聴導犬)を育成・認定する団体。
障がいにより、日常生活に不自由・不安を感じている障がい者の方々の生活をサポートするため、補助犬の育成及び貸与、補助犬認定事業、補助犬啓発事業等を実施。
一般社団法人more trees
<SDGs目標>
  • 8 働きがいいも経済成長も
  • 13 気候変動に具体的な対策を
  • 15 陸の豊かさを守ろう
地域との協働で森林保全を行う「more trees」の展開。 国産材を活用した商品やサービスの企画・開発、セミナーやイベントを通じた森の情報や魅力の発信など、「都市と森をつなぐ」をキーワードに「森と人がずっとともに生きる社会」を目指した取り組みを実施。

寄付先に対するSDGs貢献評価について

ご賛同いただいた寄付が、「何に使われるか」「どのような効果が見込まれるか」「SDGsのどの目標に貢献できるか」などを寄付前に評価し、結果をお知らせ致します。
約1年後、その寄付による効果について寄付後の評価を行い、結果をお知らせ致します。

SDGsリース『みらい2030®』(評価型)

再生可能エネルギー発電設備の投資に/省エネルギー設備の新設・更新に、SDGsリース『みらい2030®』(評価型)をおすすめします。

おすすめポイント

  • 省エネ・再エネの環境負荷低減効果を、定量的に把握できます
  • SDGsへの取り組み評価、今後の貢献の道筋を客観的に把握できます
  • リース契約に簡易診断をセットでき、個別の依頼が不要です

SDGsリース『みらい2030®』(評価型)のスキーム

画面を拡大してご覧下さい。

お客さまとSMFLの間で①再エネ設備/省エネ設備のリース契約、SMFLから日本総合研究所に対して②評価依頼、日本総合研究所からお客さまに対して③設備投資効果とSDGsへの取組を評価、お客さまからSMFLに対して④リース料お支払、という関係を示す図。

※リース以外の延払契約なども対象です

対象再生可能エネルギー・省エネルギー関連設備(一例)

  • 太陽光発電

  • 風力発電

  • バイオマス発電

※写真はイメージです。

画面を拡大してご覧下さい。

産業用ヒートポンプ 高効率空調 高効率照明 低炭素工業炉 高効率コージェネレーション 高性能ボイラ 変圧器

※上記以外でも対象となる設備はございます。

評価書について

評価の内容は以下を想定しています。

1
資金使途のアセットの
定量評価
  • 再生可能エネルギーの電力供給量
  • 省エネによって想定されるCO2削減量
2
SDGsの目標達成に
向けた取り組み評価
  • 1のアセットを含む事業評価
  • お客さまの組織全体での取り組み評価
3
同業他社の
取り組み事例の紹介
  • 評価にあたっては「調査票」の記述や、関連資料(CSR報告書)などのご提出をお願いしております。
  • 評価内容は一部変更する可能性もございます。

SDGsリース『みらい2030®』契約企業一覧 ※五十音順

関連リンク