ダイバーシティの推進

基本方針

三井住友ファイナンス&リースは、ダイバーシティ推進を重要な経営戦略の一つと位置付け、多様な人材が「働きがい」を持って活躍できる取り組みを推進しています。

SMFLの「働きがい」向上への取り組み

  • ・管理職向けダイバーシティ・マネジメント研修
  • ・女性社員向けキャリア研修
  • ・育児休業復帰者向けフォローアップ研修
  • 「イクボス企業同盟」への参画
  • ・階層別研修、他スキル習得のための各種人材育成支援の実施

柔軟な働き方の促進への取り組み

ワークライフバランスのための両立支援

働き方改善、ワークライフバランス 両立支援
  • ・半日休暇制度
  • ・スポット休暇制度
  • ・ノー残業デー
  • ・夏季早帰りキャンペーン
  • ・家族参観
  • ・フレックスタイム制
  • ・企画業務型裁量労働制
  • ・時差出勤
  • ・育児休業制度
  • ・育児短時間勤務
  • ・短期育児休業
  • ・看護休暇
  • ・介護休業制度
  • ・介護休暇
  • ・介護短時間勤務

くるみんマークを取得

三井住友ファイナンス&リースはくるみんマークを取得しました。
くるみんマークは、次世代育成支援対策推進法に基づき、計画に定めた目標を達成し、「子育てサポート企業」として厚生労働大臣から認定された証です。
今後更に、個々のライフステージに合わせた柔軟な働き方を実現できるよう、体制、風土作りを推進していきます。

次世代育成支援対策行動計画(第四次)PDF : 97 KB


ワークライフバランスに関する情報公開

1.公開データ(2019年8月公表)

採用した労働者に占める女性労働者の割合 (総合職)31.9%
(業務職)96.9%
(特別職)31.0%
採用における男女別の競争倍率 (総合職)男性:40.3倍、女性:36.9倍
(業務職)男性:-倍、女性:18.9倍
※新卒採用のみで計上
労働者に占める女性労働者の割合 (総合職)10.6%
(業務職)99.6%
(特別職)28.0%
男女の平均継続勤務年数の差異 (総合職)男性:18.0年、女性:9.7年
(業務職)男性:14.9年、女性:14.2年
(特別職)男性:12.6年、女性:9.6年
男女別の育児休業取得率 (総合職)男性:48.6%、女性:100%
(業務職)男性:0%、女性:79.0%
(特別職)男性:0%、女性:100%
一月当たりの労働者の平均残業時間 (対象正社員)14.71時間
長時間労働是正のための取り組み内容 ノー残業デー、夏季早帰りキャンペーン実施、スマートワーク目標設定(時間外・休暇取得の目標掲示)、勤怠システムへのログチェック機能搭載、時間外・休暇取得実績の部署ごと四半期データ公開
雇用管理区分ごとの一月当たりの労働者の平均残業時間 (総合職)18.86時間
(業務職)3.72時間
(特別職)10.94時間
年次有給休暇の取得率 (総合職)77.9%
(業務職)89.3%
年次有給休暇取得日数 全社平均12.54日
管理職に占める女性労働者の割合 6.3%
男女別の再雇用または中途採用の実績 中途採用実績
男性:25人、女性:11人

2.女性活躍推進に関する行動計画


2018年度 TOPICS

1)在宅勤務制度の導入

全従業員を対象に在宅勤務制度を導入しました。多様な人材が時間や場所に捉われず、自律的且つ生産性の高い働き方を実践することを目的としています。


2)メンター制度の導入

若手社員を対象に、自身の仕事やキャリアの相談ができる機会としてメンター制度を設けました。所属部署以外の先輩社員と相談する機会を提供し、全社的に若手社員をサポートする体制を整えています。


3)ビジネスカジュアル・スマートカジュアルデーの導入

従業員一人一人がオープンでクリエイティブな発想を喚起しやすい職場環境を目指すため、ドレスコードを変更しました。月曜日~木曜日はオフィスカジュアルの服装を認め、金曜日はジーンズ、スニーカーの着用も認めています。


CSR・環境への取り組み
  • SMFLについて
  • 財務情報
  • 採用情報

お問い合わせ

SMFLのサービスをご利用の皆様

インターネットでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

お電話でのお問い合わせ

お近くのオフィスへお問い合わせください。お問い合わせ

旧SMFLキャピタルのサービスをご利用の皆様

インターネットでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

お電話でのお問い合わせ

お近くのオフィスへお問い合わせください。お問い合わせ

※オートリースをご利用の皆様はSMASフリート株式会社のサイトをご覧ください。

該当しない方

インターネットでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

お電話でのお問い合わせ

本社(代表)またはお近くのオフィスへお問い合わせください。 お問い合わせ

ページの先頭へ