業界別モデルケース

業界別モデルケース

固定資産管理システム『総合資産管理サービスA.S.P Neo 3.0』はさまざまな業界・業種でご利用いただいています。その中でも特によくあるケースを業界別にご紹介します。

小売業・飲食業

  • 多店舗・他地域管理
  • スクラップ&ビルドに対応
  • 大量資産の登録・異動
  • セグメント別管理
  • グループ会社管理

大量の資産の取得~除却までの異動管理に適した固定資産管理システムです。建設仮勘定や減損、資産除去債務などの管理機能を標準装備し、店舗の新設から統廃合までをトータルで管理することが可能です。また、地域・業態・店舗などさまざまなセグメントでのデータ管理やインターネット経由で利用できるグループ統一基盤としてご活用頂けます。

製造業

  • 生産拠点の点在
  • 原価管理
  • メンテナンス情報の管理
  • 金型の有姿除却
  • 工場新設・ライン変更

税務会計用、管理会計用、原価管理用、償却資産申告など樣々な軸で業務に沿った償却計算を同時に複数管理することが可能です。また、金型の有姿除却など製造業の業務に沿った管理が可能です。
大量の資産データの一括登録・変更にも対応しており、工場の新設やラインの変更時にも柔軟にご利用頂けます。
また、フリー項目で設備の修繕情報や現在の損耗度合を登録しておくことで将来の投資計画に必要な情報を管理します。

金融

  • 安心安全な国内データセンター
  • 金融機関で利用可能な高セキュリティ

FISCに準拠した国内最高水準のデータセンターで運用しており、インターネット経由でのシステム利用に制限のある金融業界でもご活用頂いています。
金融機関をはじめとする大手企業に多く採用頂いており、金融のさまざまな固定資産管理に対応する高機能なシステムです。

ベンチャー

  • 内部統制強化

内部統制の厳しい大手企業や金融機関で利用されており、履歴も永年保存するため、監査法人のシステム監査にも耐えうる固定資産管理システムといえます。
権限設定やワークフローの機能が充実しており、職責・職務ごとの役割に沿った業務を実現します。
また、定率から定額償却への変更など、大規模な方針転換にも柔軟な対応が可能です。

外資系

  • 複数基準での償却計算

外資系企業ではIFRSやUSGAAPなど本国基準での償却計算と同時に、償却資産申告業務などの税務会計や、管理会計など、二重、三重の管理が必要になりがちです。
固定資産管理システム『総合資産管理サービスA.S.P. Neo 3.0』は複数基準の償却計算に対応しており、管理の一元化を実現します。

グループ会社・シェアードサービス会社

  • 償却条件・勘定科目の共通化
  • 資産管理業務の標準化
  • 連結業務の効率化
  • グループ実績の早期把握
  • 適切な閲覧権限管理

ASPサービスのため、共通サーバーなどを設置せず、インターネット環境さえあれば各グループ会社からアクセス可能です。
また、『総合資産管理サービスA.S.P. Neo 3.0』はさまざまな業界で採用されており、業種の異なるグループ企業も1プラットフォームで対応可能です。
個社ごとに運用や管理項目を切り分ける部分と、共通化する部分を柔軟に設定できるため、複雑な管理業務に対応可能です。

実際の画面を
ご覧いただけます

デモを見る

製品の資料を
お送りします

資料請求

選任担当者が
お答えします

お問い合わせ

固定資産管理システム『総合資産管理サービスA.S.P Neo 3.0』
についてもっと詳しく知る

特徴

当社の固定資産管理システムの特徴
詳しくはこちら

多くの大手企業・金融機関から選ばれる製品の特徴

機能紹介

固定資産管理に必要な機能を網羅
詳しくはこちら

固定資産の登録から異動・除売却までの一連の業務をサポートする充実の機能

導入事例

導入事例
詳しくはこちら

導入頂いたお客さまの課題と解決策の事例