コラム

来年こそはかんたん償却資産申告
償却資産申告 合理化のポイント

もしかして・・・償却資産申告に、こんな課題はありませんか?

固定資産管理システムを使っていても償却資産税申告で起きる課題
  • 本部の経理や総務ご担当に申告関連の業務負荷が集中していませんか?
  • 各拠点からの、システム操作や運用面の雑多な照会対応に追われていませんか?
  • 拠点やグループ会社の申告データを集約の上、確認して郵送などの手間が発生していませんか?
  • ペーパーレスを推進中。
    でも税務申告の電子申告化はまだ未着手・・・
  • 「課税標準の特例」資産だけは個別にエクセル管理している

ASP(クラウド)ならではの充実した固定資産管理システムで、かんたん償却資産申告

償却資産申告は、システムの画面にログインし償却資産申告メニューから出力ボタンを押すだけ!
台帳のほか明細帳表、CSV出力、eLTAXのためのPCdeskへの取込みツールも提供しています。

ASPサービスなので、各拠点やグループ会社間でWeb上でリアルタイムに情報共有可能。
イントラ整備不要につき在宅用パソコンからも安全にアクセス頂けます。

年一回の業務だからこそ、サポートが充実した固定資産管理システムを

償却資産申告は、1年に1回しかないだけに、システムの操作方法が毎回分からなくなる...
ということはありませんか?三井住友ファイナンス&リースが提供する固定資産管理システム
『総合資産管理サービスA.S.P Neo 3.0』は充実サービスで償却資産申告業務をサポートします。

償却資産申告の大前提は「データの更新漏れがないこと」

・・・提出する申告書の出力結果に影響を及ぼす以下ケースのような場合には、
事前に正しく&最新データに整備した上で、出力する必要があります。

《Case》やっておけばよかった!うっかりしていた面倒な手続きが盛り沢山...というケースも。

  1. 日々の増加(新規等)&減少(廃却等)、移動(事業所変更)等の入力が漏れていた、間違っていた・・・
  2. 昨年度と「代表者」が変わった
  3. 昨年度と「資本金」が変わった
  4. 昨年度と「担当者」が変わった
  5. 申告する先が市町村合併で変更になった etc...

⇒三井住友ファイナンス&リースがきめ細かくサポート致します

SMFLの充実サポート

償却資産材申告業務のサポートが充実したASPクラウド固定資産管理システム
  • 資産税申告業務に特化したお客様向け操作セミナーを毎年開催!
    (今年からセミナー動画配信形式に切り替えました)
  • メールだけでなくサポート担当に直接電話で問合せして画面案内もOK!
  • お客様専用のFAQサイトも充実!

実際の画面を
ご覧いただけます

デモを見る

製品の資料を
お送りします

資料請求

選任担当者が
お答えします

お問い合わせ

固定資産管理システム『総合資産管理サービスA.S.P Neo 3.0』
についてもっと詳しく知る

特徴

当社の固定資産管理システムの特徴
詳しくはこちら

多くの大手企業・金融機関から選ばれる製品の特徴

機能紹介

固定資産管理に必要な機能を網羅
詳しくはこちら

固定資産の登録から異動・除売却までの一連の業務をサポートする充実の機能

導入事例

導入事例
詳しくはこちら

導入頂いたお客様の課題と解決策の事例