三井住友ファイナンス&リース株式会社

トップの中のサービスの中のリース/割賦の中の延払売買(割賦)

リース/割賦延払売買(割賦)

お問い合わせ

お客さまが選択した設備機器を当社が購入し、お客さまに長期・分割払で販売するシステム。契約終了後はお客さまの資産となり、動産・不動産を問わないためリースよりも所有に適した設備にお勧めします。

仕組み

  • 支払条件は、毎月の均等払いが原則となっていますが、お客さまの資金計画にあわせて条件を設定することもできます。
  • リースと異なり、物件の所有権はお客さまにありますので、固定資産への計上、減価償却の実施、固定資産税の支払が必要となります。但し、所有権は賦払金完済時まで当社において留保させていただきます。

特長・メリット

  • 初期負担の軽減
    分割払いとなりますので、機械導入にあたっての資金負担が大幅に軽減できます。
  • 資金調達の多様化
    設備資金調達の多様化が図れますので、自己資金余力・調達余力が生まれます。
  • 物件の所有
    リースとは異なり、賦払金完済時に、物件の所有権はお客様に移ります。

導入事例

ご相談内容

電化製品部品メーカー

リースを利用したことはない。なぜなら、機械設備をかなり長期に亘って使用するため、物件は最終的に自社の所有にしたいから。しかしこの経済状況下、なるべく銀行借入枠を温存しながら設備更新を行って行きたい。
対応策
延払売買(割賦)をご利用いただきました。お客さまが自由に選択した機械設備を当社が購入し、お客さまに長期分割で販売するスキームです。延払売買代金完済後はお客さまの資産となります。分割払いなので購入一括払いと違い初期負担の軽減にもなりますし、当社をご利用いただくことで銀行の借入枠が温存できました。

お問い合わせ

ご質問・ご相談などがございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

インターネットでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

お問い合わせいただく前にご確認ください。

よくある質問