三井住友ファイナンス&リース株式会社

トップの中のサービスの中のリース/割賦の中のファイナンスリースの中の概要

リース/割賦ファイナンスリース

お問い合わせ

お客さまのニーズに応じて多様化するリース契約の中で、最も標準的な取引形態です。

ファイナンスリースとは

お客様が機械設備のメーカー・ディーラーから物件を導入されるにあたり、当社が代わって購入し、お客様にリースします。
リース期間中にお支払い頂くリース料は、リース物件の購入代金、リース期間中の支払利息、固定資産税、損害保険料の概ね全額となります。

リース・レンタル・延払取引の比較

一般のリース取引とレンタル、延払取引の違いを、主要項目にそって比較すると、以下のようになります。

  リース レンタル 延払取引
対象物件 あらゆる機械設備 特定の汎用機種(パソコン、電子計測器・分析機器、建設機械等) あらゆる機械設備、不動産
物件の選択 お客さまの希望する機種が自由に選べる レンタル会社の在庫の中から選ぶ お客さまの希望する機種が自由に選べる
契約期間 比較的長期
(通常3~7年)
短期(時間、日、月単位の通常1年以内) 通常5年以内
物件の所有権 リース会社 レンタル会社 お客さま(但し所有権留保をすることから代金完済時に移行する)
減価償却 リース会社 レンタル会社 お客さま
損金処理 原則としてリース料全額 レンタル料全額 減価償却費・利息
在庫 保有しない 常に一定の在庫を保有する 保有しない
物件の管理責任 お客さま
(メンテナンス・リースの場合はリース会社)
レンタル会社 お客さま
中途解約 不可 不可
料金 一般的にレンタルより割安。基本リース期間終了後はリース料は大幅に安くなる リース料より割高 物件代金と金利の合計額を対応月数で割ったもの
契約期間満了後の物件の扱い リース会社に返却もしくは、再リースにて延長使用 レンタル会社に返却 お客さまの所有資産になります
 

お問い合わせ

ご質問・ご相談などがございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

インターネットでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

お問い合わせいただく前にご確認ください。

よくある質問