設備の投資促進に
貢献できる
ダイナミックな仕事。

サプライヤービジネスⅠ
設備インフラ営業部
島村 友崇

TOMOTAKA SHIMAMURA

担当している業務は?

専門知識に裏打ちされた提案で、ガス会社、施工会社の営業担当者を支えています。

空調、コージェネ、ボイラーなどを販売しているガス会社や施工会社などサプライヤーの営業担当者に対して、SMFLならではの金融サービスの提案やサポートをしています。
そのためには、サプライヤーが扱っている製品(物件)の特性を把握するほか、実際に設備を導入する自治体、民間企業それぞれの業界知識などが不可欠です。製品や業界に精通していることが当社のセールスポイントでもあり、日々、勉強に励んで理解を深めています。

仕事の楽しさと苦労は?

努力は信頼となって返ってくる。それが私のモチベーションです。

サプライヤーの営業担当者に、数あるリース会社の中から私を信頼して当社を選んでいただき、その案件が無事に成約に至ったときはやりがいを感じます。サプライヤーから信用・信頼してもらうためには、単なるリースの知識だけでなく業界知識・物件特性などの専門的な知識を習得しておく必要があります。他社と差別化を図るため、クイックレスポンスはもちろんのこと、環境変化の激しいエネルギー業界の各営業担当者のニーズを瞬時に感じ取り、ユーザーとサプライヤー双方にとってより良い提案ができるよう心掛けています。

印象に残っているエピソードは?

初めての補助金案件。社内外の関係者と連携して、無事に採択、成約に至りました。

現在の部署に来て最初に担当した案件が印象に残っています。それは、電気からガスへ燃料転換するお客さまの省エネ補助金の申請でした。それまで補助金案件を手掛けたことはなく、何もわからず戸惑いましたが、社内の環境エネルギーを担当する部門や審査部門、そしてガス会社や施工会社の協力もあり、なんとか補助金の申請、採択まで進めることができました。本件はガス会社の担当者が1年以上前から取り進めていた案件であり、当社の取り組みを高く評価をしていただけました。“初めてづくし”の案件でしたが、とても良い経験となりました。

つながりのある人

SMFLレンタル 山本 敏雄さん

入社4年目にグループのレンタル会社に出向した際の直属の上司が、同じ出向者の山本さんでした。5年間お世話になり、出向者としての立ち振る舞いのほか、責任を持ってその役割を果たすよう指導していただきました。また、営業に対する前向きな姿勢、チャレンジ精神の大切さを教えていただきました。リースとは異なり、業務が幅広いレンタルビジネスは私にとって、営業の幅を広げる貴重な経験となりました。

Private Shot

バスケットボールの試合観戦を楽しんでいます。

プロバスケットボールリーグ「Bリーグ」の試合観戦に行っています。もともと中・高・大学とバスケットボールをしており、会社でもバスケ部に所属していますが、最近は体力の衰えもあってか、プレイよりも観戦の方を楽しんでいます(笑)。

※2018年3月時点の所属部店名で掲載しております。現在の所属部店とは異なる場合があります。