一筋縄ではいかないところに、
不動産リースの
面白さがあります。

不動産ビジネス
不動産営業第一部
吉井 弘樹

HIROKI YOSHII

担当している業務は?

不動産を専門に扱うリースビジネスを推進しています。

不動産リースの営業をしています。具体的には、テナントをはじめとするリースユーザーや、デベロッパー、ゼネコン、企画会社などのお取引先に対して、お客さまに代わって不動産を所有する当社の役割や不動産リースの各種スキームを説明し、商談が進むと、契約条件の調整や商談内容を反映した契約書の作成なども行います。

仕事の楽しさと苦労は?

オーダーメイドだからこその苦労もありますが、その分、形になると達成感があります。

スキームや契約条件は、案件それぞれの事情に合わせたオーダーメイドとなりますので、契約の締結までにはさまざまな課題に直面します。当社だけで課題を解決できればいいのですが、場合によっては、お客さまを含むお取引先各社にもご協力いただき解決策を調整することもあります。解決策を探り調整していくのは難しいですが、苦労して構築したスキームが実際に建物となって具現化されると、達成感がありますね。

印象に残っているエピソードは?

想定外の事態が何度も発生…関係会社と知恵を出し合って解決しました。

地主さまから土地をお借りする契約の締結間近、建築費が高騰して経済条件が合わなくなってしまったことがありました。条件を見直してご契約いただけた後も、建築工事中に地中埋没物や埋蔵文化財が出土するという事態に…。工期やコストに影響が出たため、そこでも対応策の検討、調整が必要になってしまいました。
想定していない事態が生じたものの、お取引先各社と相談しながら、できること、できないことを一つ一つ整理し、解決策を見つけ出していきました。
お取引先各社と知恵を出しあって要件を再構築し、仕上げることができたこの案件は忘れることができません。

つながりのある人

事業開発部 野口 耕司さん

同期の野口さんは、本社で行われた若手社員向けの研修を一緒に受講した際に印象に残っている人です。研修課題に対して明瞭な回答をしており、とても聡明な印象を受け、グループワークでは常に相手を思いやっている彼といつか一緒に働いてみたいと思いました。
そんな野口さんは、新たな取り組みに挑戦する部門である事業開発部に所属しています。あるとき私は先進的な設備(動産)の導入を計画されているお客さまから、設備投資方法について相談を受けました。お客さまのご要望に応えるには新たなスキームの検討が必要でしたので野口さんに相談したところ、現在、彼がお客さまのご要望を親身になって伺い、スキームを検討しています。

Private Shot

旅行に行ったり、幼稚園行事に参加したり、家族との時間が中心です。

OFFは家族との時間が中心ですね。去年の11月には、担当していた案件が落ち着いたので、長期休暇をとって家族でハワイへ旅行に行きました。子どもが通っている幼稚園の行事に参加するのも楽しみの一つです。休日に開催される運動会などはもちろん、お遊戯会や授業参観など平日の行事にも有給休暇を取得して参加しています。今年度は今のところすべての行事に参加できています!

※2018年3月時点の所属部店名で掲載しております。現在の所属部店とは異なる場合があります。