ユーザーの課題を見据え
信頼関係を深める
提案営業に手応え。

法人企業ビジネス
大阪営業部
松本 圭史

Keiji Matsumoto

担当している業務は?

業界を問わず、さまざまお客様にSMFLのスキームと組織力を活かした提案をしています。

大阪市内の中小企業をメイン顧客とするユーザー営業に取り組んでいます。リースや割賦をはじめとした当社スキームを活用し、設備投資を中心にさまざまなビジネス支援策を提案しています。
ビジネスアドバイザリーの業務推進部や環境推進部と連携してプロジェクトに取り組むことも。とくに環境推進部とは、省エネルギー設備・技術の導入を支援する各種補助金を活用した提案などで協働する機会が増えています。ほかにも、業務職のメンバーには日常的に書類作成をサポートしてもらうなど、部の垣根を越えて多くの社員と協力して業務に励んでいます。

仕事の楽しさと苦労は?

提案を通してお客様と意気投合できたとき。その瞬間がタマらない!

提案がお客様のニーズにぴったりと合致し、意気投合できた瞬間がこの仕事の醍醐味ですね。気持ちが通じ合って、お客様との関係がより深くなった手ごたえを感じます。一方で、提案そのものは評価されても、さまざまな理由により採用していただけないこともあります。そんなときは提案・営業の内容をしっかりと振り返り、今後に活かすよう心がけています。
以前、自分の異動が決まり、お客様やサプライヤーのご担当者にそのことを報告した際、思いがけずたくさんの方々から感謝の言葉をいただいたことがありました。それまでは自分の仕事がどれだけ役に立っているのかが少しぼんやりとしていたのですが、初めて、自分のやってきたことがこんなにも評価されていたんだと実感することができ、本当に嬉しかったです。

印象に残っているエピソードは?

補助金を活用したスーパーのコスト削減ミッション。導入物件の変更に悪戦苦闘!?

あるスーパーマーケットチェーンのお客様に、電力コストの削減を目的とした店舗設備の更新を提案したときのこと。サプライヤーと協働で、ESCO方式による設備導入に加えて経済産業省の補助金を活用して導入コストを抑えるといった提案内容でした。
実際に導入する冷凍・冷蔵ショーケースや空調・照明設備などはお客様に選定していただくのですが、機種が変わるたびに見積額や補助金の支給額が変わってしまい、リニューアルオープンの期限が迫るなか、その対応にとても苦労することに…。さらに補助金交付団体に提出する資料も多く、ビジネスアドバイザリー部門や業務職メンバーの協力でなんとか乗り切ることができました。その苦労のかいもあって、最終的にはお客様の要望通りに仕上げることができ、非常に満足された案件となりました。

※ESCO…省エネルギー改修に必要な費用を、改修後の光熱水費の削減分から賄うことで初期投資の負担を軽減する手法。

社内でつながりのある人

阪和営業部 小林正美さん

大阪北営業部に5年間在籍していたことがあるのですが、そのときの上司が小林さんでした。大阪北営業部に配属される以前はサプライヤー営業をメインに担当していたため、ユーザー営業の“イロハ”がわからず、小林さんに一から丁寧にご指導していただきました。このとき学んだ基礎のおかげで、今も大阪営業部でユーザー営業を継続することができていると思っています。今でも休日にはテニスを一緒にプレーさせていただくなど、公私ともにお世話になっています。

Private Shot

子どもの成長やテニス・野球観戦でほっと一息

子どもの成長に日々感動しています。昨年、長男がスキーデビュー。飲み込みがとても早く、スイスイ滑っている姿を見て、自分も仕事の飲み込みが子どものように早ければと思ってしまいます…。休日には子どもと一緒にテニスをしたり、野球観戦をしたりして楽しんでいます。実は以前まで関東の某球団のファンでしたが、西日本での勤務が10年を超えたこともあり、最近では阪神タイガースとオリックス・バファローズを応援しています。

※2016年3月時点の所属部店名で掲載しております。現在の所属部店とは異なる場合があります。