海外進出サポート航空機リース設備リース海外進出サポート航空機リース設備リース 環境配慮型リース 環境配慮型リース
解決力 新たな分野へ挑み、考え抜く
須貝 幸太郎

東京営業第一部
2002年入社/法経学部卒

PREV 他のキーワードを見る
2/2
これら「課題解決」には、多くの困難が伴いましたが、信頼できるエンジニアリング会社や、営業サポート部門の力を結集し、粘り強く解決していくことで、難しいと思われた同分野でのファイナンス参入に道筋をつけることができました。
原発事故以降、再生可能エネルギーへの関心は急速に高まり、環境保全の面でも社会的意義のある分野として大きく成長しつつあります。
新たな分野への挑戦は簡単ではありません。風力発電の分野では、通常の取引とは違い、発電事業者、エンジニアリング会社、設備メーカー、さらには設置される地元住民など多くのステークホルダーが存在し、その調整には時間も労力もかかります。実際に担当した風力発電装置が稼働している様子を見ると、苦労と同時に自分の「解決力」が「カタチ」として、確かな達成感をもたらしてくれる瞬間でもあります。
私はこの経験からリースビジネスがもつ社会的意義を強く認識すると同時に、当社が持つ「解決力」にさらなる磨きを掛ける事で、新たな分野への挑戦をし続けたいと考えています。