社員を知る 社員紹介

九州営業部  自分を磨き魅力ある人間に 九州営業部 総合職 九州営業部 Hiroki Kawai

2016年入社 Business Accounting卒

高校卒業後に米国の大学に留学、会計学を修めた。入社後、九州営業部に配属。全国各地に拠点を構えるSMFLの「エリアビジネス」は、様々な業種の顧客を対象に多彩な金融ソリューションを提供している。

新規開拓に成功、地方創生に資する「うなぎ養殖濾過装置」導入

SMFLのエリアビジネスは、エンドユーザー、サプライヤーいずれにもアプローチしますが、私は主にサプライヤー営業を担当しています。注力しているのがトラックのサプライヤー(販売会社)。2年間の短期リースという新たなスキームを導入し、サプライヤーの販売促進をサポートしています。短期であることから、ユーザーである運送会社にとっては常に整備良好のトラックを使用でき、事故等のリスクを回避、サプライヤーにとっても好循環で販売促進につながるなど、両者の課題を解決するスキームとして高い評価を得ています。
トラックのリースが業務の中心になるまでは、多くのサプライヤーにアプローチしました。入社1年目の後半のことです。新規開拓を目指し、ひたすら電話でアポイントを取る作業を続けました。その数およそ100件。その中の一つが成約に結びついたことは、大きな自信につながりました。案件はうなぎの養殖濾過装置。「農業六次化」の取り組みの一環であり、「地方創生」という国の政策にも合致した案件であることから、国から助成金も支給され、リース成約の追い風となりました。この案件は成約後、新人が新規開拓を成功させたことが評価され、社内で表彰されました。当初、新規開拓など不可能ではないかと感じていましたが、あきらめなければ実を結ぶことを実感した取り組みでした。

プロ意識の芽生え、吸収できることはすべて吸収する学びの姿勢

実績は着実に築いてきたものの、失敗も少なくありません。私たちの業務は、リース導入でお客さまの経営をサポートするといった前向きの案件ばかりではありません。お客さまによっては、リース料金が回収できないような場合も起こります。そうした際、私たちはリース料金の支払いスケジュールを調整する作業を進めるのですが、あるお客さまへの対応が後手に回り周囲に迷惑をかける事態が発生してしまいました。私の甘え、怠慢のためでしたが、そのとき先輩から厳しく叱責していただき、プロとしての意識を強く持つようになったと思います。私にとって、節目となる出来事でした。
今の私の基本スタンスは、先輩社員から吸収できるものはすべて吸収し、何か困ったときはすぐに手を上げて相談し問題を解決するなど、学びの姿勢で周囲を巻き込むこと。それが仕事を前進させ、自身を成長させていると感じています。リースは多彩なモノを取り扱いますが、リースそのものはカタチがありません。リースの世界は人こそが商品であると考えています。したがって、自分を磨き、魅力的で信頼される人間に成長すること。それが私の目標です。そうして培った人間としての魅力と、海外留学の知見を活かして将来はグローバルを舞台に活躍したいと考えています。

CAREER STEP

2016
九州営業部に配属

新入社員研修後に九州営業部配属となり、指導員からマンツーマンのOJTを受ける。1年目の後半には、5~6社の担当顧客を任されるようになった。

2017
福岡をメインに着実に実績を作る

主にサプライヤー営業を担当。運送会社へのトラックのリースを中心に、工作機械や医療機器等のリースも担当。部内でも注目される実績を築き、現在に至る。

SMFL×刺激的な出会い

九州営業部の先輩・上司は、常に親身になって対応してくれますし、助け合い支え合う風土が培われていると感じます。時には厳しく指導していただくこともあり、新しいことへのチャレンジを応援する雰囲気の中で業務に取り組んでいます。また、お客さまの多くは中小企業の経営者。様々な話を聞く機会が多く、非常に勉強になります。社内外問わず、多くの魅力的な人との刺激的な出会いが、自身の成長を促していると感じています。