社員を知る 社員紹介

東東京営業部 目指すのは愛される営業パーソン 東東京営業部 総合職 木下 剣也 Kenya Kinoshita

2015年入社 商学部卒

社内で「コーポレートビジネス」と呼ばれる、いわゆるユーザー営業を担当している。担当する東東京エリアは、他の地区と比較して製造業が少なく卸売業や商社が多いため、設備投資等の案件も決して多くはない。そうした環境の中、リースのみならずファイナンスも含めた提案活動を進めている。

お客さまのことを徹底して考え抜き、強い信頼関係を構築する

当社はリースを中心としつつも、グループ会社との連携によって多角的な金融ソリューションで、企業経営をサポートしています。私の仕事においても、三井住友銀行やその他グループ会社と協働して情報をキャッチし、お客さまの経営をサポートする案件が少なくありません。たとえば、当社がお客さまの売掛債権などを買い取ることで、お客さまのキャッシュフローの改善やバランスシートのスリム化に寄与するサービスがあります。こうしたファイナンス案件にせよリース案件にせよ、お客さまのことを考え費やした時間の量は、お客さまとの関係の深さや信頼関係の強さに比例してきます。それを強く感じたリース案件の取り組みがありました。
そのお客さまは土木会社で重機の導入を検討していました。すでに競合他社が介入していましたが、お客さまのためになることを徹底して考え抜きました。訪問頻度を上げて当社にしか提供できないことや、優遇税制や補助金等お客さまにとって有益な情報を提供しつつ、投資の詳細や事業内容のヒアリングを進めていきました。最終的に「木下さんの対応は他と全然違うから御社に決めたい」という言葉をいただくことができました。初めて名前を出して評価していただけたことが嬉しく、信頼関係を構築することの重要性を大きく感じた取り組みでした。

お客さまを思う努力をいとわず、人とのつながりを大切にする

入社2年目の終盤、当社にとって大切なお客さまから打診された、設備投資におけるリース案件も、私にとってターニングポイントとなった取り組みです。お客さまの財務状況は決して良好な状況でないことから、社内審査は厳しいものがありました。確かに財務数値などの定量的評価においては厳しいと言わざるを得ませんでしたが、私はそのお客さまの将来性や成長性など、定性的な部分を高く評価していました。競合がありスケジュールもタイトと焦りが募る中、定性的な評価の元となるエビデンス(証拠)を収集し、ロジックを組み立てて社内の審査部門を説得。その結果成約まで漕ぎつけることができました。人とのつながり、お客さまを思う努力の大切さを痛感した取り組みでした。
私の目標は、「社内外問わずに愛される営業パーソン」になること。これからのキャリアを通じて着実に成長し続け、常にお客さまの課題に全力で取り組むことが、愛される営業パーソンになる道であると確信しています。

CAREER STEP

2015
東東京営業部に配属

配属後、OJTを通じて先輩社員が持つ案件をサポート。また新規開拓を中心とした約40社の営業活動にも従事した。

2016
中堅企業を中心とした顧客を担当

先輩社員からの引継ぎを受け、営業担当として独り立ちする。「誰の顧客なのか、しっかり考えろ」という上司からの言葉を受け、自分の顧客として向き合い主体的に行動をすることを常に心掛けていた。

2017
トレーニーとして業務推進部に3ヶ月間移籍

業務推進部は、フロントの営業を戦略的にサポートするのがその役割。営業全体を俯瞰的に見る目を養ったと同時に、お客さまのことを深く知る必要性があることを改めて痛感した。ここで得た知見を武器に、現在、再び営業のフロントに立っている。

SMFL×人とのつながり

当社は多彩な魅力があると思いますが、それらは“人”の魅力に表れていると思います。頑張っている人を見守り手を差し伸べる環境があります。そしてこれらは、お客さまとの対応に確実に反映されるものです。協力して一つの課題に取り組むチームワーク、人と人との強いつながりが当社の強さを生んでいると思います。