社員を知る 社員紹介

産機・情報営業部(大阪) 自分にしかできないサービスの形を追求 産機・情報営業部(大阪) 総合職 坂本 郁弥 Ikuya Sakamoto

2012年入社 商学部卒

主にプラスチック製品製造機械のリース案件を担当。導入検討中の企業に赴き、現状のヒアリング、それぞれのニーズにあった商品の提案から契約の締結まで、リース業務の一連の流れを行う。

お客様の熱意を100%汲み取り、商品を提供

現在の業務は、スマートフォンや自動車など、「ものづくり」に関わる中小企業の設備導入をサポートする部署です。お客様のニーズに即したファイナンスの提供はもちろん、メーカー、商社、販売店と協力して、商品の開発なども手がけています。
お客様から直接、そのお人柄や熱意を肌で感じとり、「ものづくり」への真摯な思いを正確に理解し、案件に反映させることが何よりも大切です。中小企業にとって設備投資は経営を左右する重要事項。お客様と真剣に向き合い、相手の立場に立って「今、何をしなければならないか」を考えるようにしています。ご要望にお応えでき、「ありがとう」とおっしゃっていただけた時、「次回もがんばろう!」と心から思います。

迷いが消えた「お前のいいところを大事にしろ」の言葉

まだ自分の営業スタイルを確立できていなかった頃には、活躍している先輩の姿を見て、「あんなふうに、もっと自信を持った営業ができるようになりたい」と悩んだりもしました。しかし、ある時上司から「君は、君のいいところを大事にすればいい」と言われたのです。以来、他の誰でもない「自分」には何ができるのかを考えて仕事をするようになりました。現在私が目指すのは、お客様から頼られる、物腰の柔らかい営業になること。そのためには、お客様自身では気づけない潜在的なニーズを掘り起こし、ベストな解決策を提示できなければなりません。自社製品だけでなく、他の金融商品や税制についてももっと学ぶ必要がありますし、自分自身の人間的な成長も不可欠です。今はただ着実に経験・知識の習得を積み重ねて、少しでも早く目標に近付きたいと思っています。

CAREER STEP

2012
研修と先輩社員への同行から営業の基本を学ぶ

新入社員集合研修で、リースの仕組みやビジネスマナーを修得。5月から産業工作機械部(大阪)配属となり、先輩社員に同行して商談等の方法を学ぶ。10月から10社程度担当を任され、1人で営業活動を行うようになる。

2014
担当社数が約3倍に。研修で実践的スキルを磨く

担当社数が30社程度に増加。上司、先輩のサポートを受けながら、案件の引合から契約、検収までの基本的なリース契約を行えるようになる。社内研修では、当社商品や提案力強化など、知識面から行動面までより実践的なスキルを幅広く修得。

SMFL×継続力と想像力

根気よくお客様と対話する継続力。お客様の課題や解決策を導き出す想像力。壁にぶつかった時には手助けしてくれる上司、専門部署などの存在がありますので、この2つの力を持ってお客様と真摯に向き合うことで、必ずお客様の力になれる。そんな環境が当社には整っていると感じております。