社員を知る 社員紹介

業務推進部 「やる気」が「成長」の原動力 業務推進部 総合職 藤井 圭 Kei Fujii

2003年入社 経済学部卒

営業として経験を積み、現在は営業を専門知識で側面からサポートする側に。担当する営業部店からの問い合わせや相談に基づいて、リースにとどまらない顧客ニーズに合ったスキーム構築に力を注いでいる。

積み重ねた経験と知識を元に、営業担当の側面的支援を行う

リース会社である当社が、その枠組みを超えて、より潜在的なニーズを作り出していくための手法を考える。簡単に言うと今取り組んでいるミッションはそういうことかもしれません。業務推進部の仕事は、担当する営業部店がさらなる顧客開拓や、今までに存在していなかったニーズに呼応するスキームを作るためのアドバイザーであり、サポーターです。時代の変化に応じて、今まで当社で扱ってこなかった案件や、関わりのない業界もスキームの組み方によっては取引の可能性があります。どのような視点に着眼し、「カタチ」にしていくか。営業部店がなんとかニーズに応えたいともがいている思いを、あらゆる知識や経験から「カタチ」にすることが今のやりがいです。かつて営業部にいた時代には、私自身、業務推進部に頼ることも多くありました。今度は私がそれをお返しする番。日々新たなニュースや知識を吸収し、営業部店が力を発揮できるよう全力でサポートしています。

自分が生み出したスキームが、全社スタンダードになる日を目指して

業務推進部では、扱うものが決まっているわけではありません。逆に言えば、今までなかったものを新しく作れる可能性があるのがこの部署なのです。今まで扱ってこなかった新機軸に着眼し、ニューモデルをも生み出せる醍醐味があります。担当営業店との二人三脚で仕事をするわけですが、私たちは営業部店とは違う目線を大切にし、全体を広く俯瞰的に見ることが、潜在的なニーズの発掘や新たなスキーム構築につながります。
好事例が生まれたときには速報ですぐ全社共有します。ですから、特定の案件にとどまらず、広く応用できる新しいスキームを作れれば、それが全社的なスタンダードになることもあるわけです。新規マーケットの開拓も同様です。いつか「藤井圭が作ったスタンダード」を作りたい。これが今の私の目標です。

CAREER STEP

2003
大阪北営業部に配属

社内事務を半年ほど学んだ後、20~30社の担当を任される。
先輩社員の指導を受けながら営業活動に邁進。

2004
商品事業部への異動で実績を作る

「習うより慣れろ」で、とにかくお客様先を数多く訪問し、徐々に自分の営業スタイルを確立。実績が自信になる瞬間。

2007
名古屋営業所へ異動、最も苦労した時代

顧客ニーズに合わせた提案や企画の重要性を改めて痛感。今までの営業スタイルに捉われず1からリース・金融を勉強し知識を習得。

2012
業務推進部へ異動

今まで自分で提案できないことを相談していた部署への異動。相談される側になったことで益々期待に応えるために精進する日々を過ごす。

SMFL×やる気

新しいことに挑戦したい人、あきらめず仕事に前向きな人など、やる気がある人には必ずフォローする人が現れるのがSMFLです。さらにいえば自分の仕事への当事者意識。人任せにするのではなく自分でやり遂げる意志さえあれば、どんな難局でも応援する人、力を貸してくれる人がいる、そんな会社です。