社員を知る 新入社員メッセージ

新都心営業部 西村 美咲 Misaki Nishimura 2016年入社 法学部卒

QUESTION01

学生時代に熱中したこと

学生時代はテニスサークルに所属していたため、テニス中心の学生生活を送っていました。アルバイトにも力を注ぎ、大学4年間は全力で駆け抜けました。学生時代を振り返ると、あのとき全力で過ごしていたので、今、悔いなく、仕事を中心とした社会人生活をやっていくことができているのだと感じています。学業ももちろん大切ですが、自分が好きなことにとことん打ち込んだ大学生活は、私にとってかけがえのない時間でした。

QUESTION02

就職活動で心がけたこと、自分の軸について

説明会での人事部の印象や、説明会に登壇して話す社員の方々の印象を大事にしていました。もしその会社に入社すれば先輩社員になりうる人なので、その話す内容はもとより、雰囲気や学生への対応などを重視していました。第一印象という目線で様々な会社を見ていくと、会社によって雰囲気が異なるのはもちろん、業界によっても雰囲気は大きく違ってきます。また、自分が受けた会社の印象というのは、面接の際に入社を希望した理由に直結して話せることの一つでもあり、その会社から直接感じたことを大切にしていました。

QUESTION03

SMFLを知ったきっかけ、入社動機

当社に惹かれたことの一つは、面接後に人事部の面接官の方からフィードバックがあったことです。二次面接通過連絡が来た際、どういう意図で質問を投げかけたのか、何を見ていたのか、どこを評価したのかということを細かく説明してくださいました。それによって、会社が学生のどこを見ているのかが明確にわかりました。一人ひとりの学生の中身をしっかり見て判断していること。それは、人を大切にする風土が培われているからだと思います。その点に魅力を感じて入社を決めました。

QUESTION04

現在の仕事内容とやりがい、印象深いエピソード

現在の担当は、中小企業を中心に約15社。中には全国展開をしているお客様もいらっしゃるので、それらの関連会社を含めると数十社を超えるお客様に対して営業活動を進めています。自分のお客様への対応や発言は当社の印象に直結しますので、常に緊張感と責任感を持って仕事に臨んでいます。時には厳しい局面にも直面しますが、私の考え方の軸である「とりあえずやってみる」、これが自分を支えている根幹にあると思っています。経験が浅いながらも、お客様からヒヤリングした内容を先輩に相談すれば、真摯に聞いてくれますし、自分とは違う目線でアドバイスももらえます。配属当初は、不安ばかりが先行していましたが、先輩社員の温かい励ましに支えられて、今は自ら積極的に行動できるようになりました。

QUESTION05

これからSMFLで実現したいこと

現在所属する部署において、一つでもいいので、先輩社員の印象に残る案件を契約をすることが目標です。お客様の話に耳を傾け、お客様のニーズを的確にとらえ、お客様の課題解決に寄与するリース案件を自分の手で生み出したい。もちろん、仕事は一人で完結するものではないので、周囲の先輩方からのアドバイスをいただきながら、自分らしい、部署の記憶に残るような仕事を成し遂げたいと思っています。

QUESTION06

学生に向けてアドバイス

就職活動が本格化すれば、毎日のように説明会や面接がありますが、就活では息抜きが大切です。オンとオフのメリハリをつけて、時間の使い方を考えて行動しましょう。時間の使い方を考える上で、自分がいつまでに何をすべきか逆算して行動すると時間の使い方の軸が見えてくると思います。また就活をしていく中で、自分の新しい一面を発見する機会もあるはずです。そこに楽しさを見いだせたら充実した就活になるのではないでしょうか。落ち込むこともあると思いますが、最後まで悔いなく、納得した結果で終わることができるように頑張ってください。