環境活動

環境ビジネスの拡大

当社は、環境配慮型設備・機器のリースやリースアップ物件のリユース・リサイクルなど、環境保全への対応をCSR活動の中でも特に重要な経営課題と考えています。

環境設備・省エネ関連リース

当社は、お客様のエネルギー消費の削減、水光熱費の削減、及び、温室効果ガス排出の削減に役立つ環境関連設備・機器のリース、省エネ関連リースを提供しています。

環境3R

  • Reduce(リデュース)
    廃棄物の発生を抑制するように、ものを製造・加工・販売すること。
  • Reuse(リユース)
    使用済のものでも廃棄せずに、再使用すること。
  • Recycle(リサイクル)
    再使用できずに廃棄されたものを、再生資源として再生利用すること。

オフィス活動

オフィス活動においては、限りある資源の有効活用に向けた活動を推進し、環境負荷低減に努めています。

電力・コピー用紙の使用量の削減

電力及びコピー用紙については、各サイト別に毎月使用量を把握し、その使用を抑制すべく活動を続けています。
電力については、全社的に適正な室温の設定を行い、こまめな消灯やパソコン・プリンターに対して省電力モードを設定するなど、節電に努めています。
コピー用紙については、両面コピーなどを励行し、余剰の裏紙はメモ用紙に再利用するなどして、資源の有効活用を図っています。

グリーン調達

環境負荷低減のため、次のようなグリーン調達を実施しています。

  • 事務用文具品は、購入に際して環境配慮型商品を優先して選択しています。
  • コピー用紙は、再生紙50%を使用しています。また、名刺、カタログ、パンフレット類にも、再生紙を使用しています。
  • 新規に購入するパソコン、プリンターは、省電力仕様を選択するようにしています。
  • プリンター用トナーは、リサイクル品を使用しています。

廃棄物の発生及び処理

ゴミの分別廃棄を徹底するため、分別状況の評価を行っています。
また、ゴミ削減意識を向上させ、紙ゴミをシュレッダ-したものの再利用などにより、廃棄物排出量の削減に努めています。

社用車のエコカー使用

当社で使用している営業用社用車については、全車エコカー(平成17年基準適合車)となっています。

環境関連法規遵守

当社では、リース満了物件の処分にあたり、産業廃棄物の不法投棄などによる環境汚染を防止するため、環境関連法規制の遵守を徹底するに止まらず、廃棄物の運搬・処分委託業者を慎重に選定するなど環境保全に向けた活動を推進しています。

環境に配慮したリース終了物件の効率的処理システムの確立と見直し

契約終了後のリース物件の処分については、多岐に亘る法律等を遵守して行う必要があります。当社では、適切な処理が行えるようマニュアルを整備しており、法の制定や改正に伴い、適宜見直しを行い、最新の内容に更新しています。

契約終了後のリース物件の処分については、安心して物件処理を任せられる業者を選択することが必要です。当社では、遵法性を中心とした多面的な「評価」(毎年一回実施)を行うとともに、現地調査・ヒヤリングを通じて、物件処理の委託・買取の依頼を行う業者を選択しています。
また、リース物件の処分を行なう委託中間処分業者は、北海道から沖縄県まで全国を網羅しており、リース物件の適法な処理を実現できる体制を構築しています。

3R(リデュース、リユース、リサイクル)について

リース物件は、契約終了後、3Rを原則とした適正な処分を行っています。 契約が終了したリース物件については、まず、リユース(再利用)することを最優先として処理を行います。そのため、全国200以上の業者と契約し、販売先のネットワークの構築に努めています。
また、やむなく、廃棄物となった場合でも、極力、リサイクル(再生利用)により再資源化を図り、少しでも最終処理場への持込量を減らす努力をしています。
又、発生地から他都道府県への廃棄物移動をできる限り行わないよう廃棄物処理及び最終処分のネットワークを構築しています。

CSR・環境への取り組み
  • SMFLについて
  • 財務情報
  • 採用情報

ページの先頭へ