よくあるご質問

Q) リースとレンタルの違いはなんですか?

どちらも賃貸借契約ですが、次のような違いがあります。

  • リース物件はお客様が自由に選定することができますが、レンタル物件はレンタル会社が所有する在庫の中から選定することになります。
  • リースは原則として中途解約ができませんが、レンタルは一般的に中途解約が可能です。
  • リースに比べ、レンタルの利用期間は短期です。
  • リースに比べ、レンタルの料金は割高になります。

閉じる

Q) リースと延払(割賦)の違いはなんですか?
  • リースの場合、物件の所有権はリース会社にありますが、延払の場合、 完済後はお客様に所有権が移転します。
  • 延払の場合、お客様は物件を資産計上して減価償却を行なう必要がありますが、リースは不要であり、オフバランスが実現できます。
  • リース料は原則として全額損金処理できますが、割賦金は全額を経費処理することはできません。

閉じる

Q) リースの対象になるのはどんな物件ですか?

リースの取扱い品目は、一般的には工場設備からOA機器までほとんどの動産が対象になり、企業で必要な機械設備なら全てご利用いただけます。また、不動産や建物付属設備、構築物などについては別途ご相談下さい。

閉じる

Q) リース期間はどうやって決めるのですか?

お客様の希望によって決めていただくことができますが、税務上の適正なリース期間(※)は、物件の法定耐用年数の70%(法定耐用年数が10年以上の場合は60%)以上の年数と決まっています。

  • 税務上、短期リースとして所有権移転リースとされないリース期間

(単位:年)

法定耐用年数 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15
最短リース期間 2 3 4 4 5 6 6 6 7 7 8 9

閉じる

Q) リース料はどのように算出されるのですか?

リース料は、物件の取得価額にリース期間中の金利、固定資産税や保険料を加えて計算されます。そのリース料総額をリース期間(契約月数)で均等に割ったものが月額リース料です。
そして、物件の取得価額に対する月額リース料の割合がリース料率です。たとえば、1000万円の物件で、月額リース料が20万5千円であればリース料率は2.05(%)になります。

閉じる

Q) リース物件でもアフターサービスは受けられますか?

リース物件でも、メーカーやディーラーのアフターサービスは受けられます。その場合の保守契約は、お客様とメーカーやディーラー間で直接行なっていただくことになりますが、保守料の支払いは、当社がリース料と一緒に代理回収させていただくこともできます。

閉じる

Q) 保険や税金の支払いは誰がするのですか?

固定資産税の申告・納付、損害保険(動産総合保険)の付保手続きはリース会社が行ないます。このほかにも機械設備の資産計上や償却事務などの事務手続きが省略できますので、管理事務の合理化が図れます。

閉じる

お問い合わせ

各種サービスに関するご質問、ご相談などはこちらからお問い合わせください。

インターネットでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

お電話でのお問い合わせ

お近くのオフィスへお問い合わせください。

お問い合わせ

ページの先頭へ