よくあるご質問

Q) リース物件に付保されている動産総合保険はどのような保険ですか?

動産総合保険の対象物件は原則として全ての動産(ただし、航空機、船舶、自動車、鉄道車輌、電気専業者用発電機、エネルギー等機器、プラント一式等は除外。)であり、日本国内で発生する偶然の事故によって生じるほとんどすべての損害を担保します。

  • 火災、爆発、破裂、落雷による損害
  • 盗難による損害
  • 破損による損害
  • 暴風、旋風などの風災による損害
  • 輸送車輌、船舶等の衝突、脱線、転覆、沈没、座礁による損害
  • 航空機の墜落、接触、航空機からの落下物による損害
  • 労働争議に伴う暴行による損害
  • 洪水、高潮、台風などの水害による損害

洪水などの水害については、一般的な動産総合保険ではカバーされませんが、当社では特別に担保しています。
なお、地震や戦争による損害は担保されません。

閉じる

Q) リースや再リースが終了した後はどうなりますか?

リース期間または再リース期間終了時には、そのまま継続して物件を使用(再リース)するか物件を返却するかを自由に選択していただけます。返却の場合は、当社の指定する場所、または指定する業者に返還していただきます。
尚、この返還費用はお客様にご負担いただくこととなりますのでご了承ください。

<解説>
1997年9月に「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」(以下「廃棄物処理法」)が改正され、同年12月に施行されました。
同法では廃棄処理の委託は許可を得た業者に行わなければならないとされており、お客様が廃棄物の「収集運搬業」「処分業」の資格を有していない限り、リース会社がお客様に終了物件の輸送や廃棄処理を委託することも、お客様がその受託をすることもできません。
違法に処理した場合は罰則が科されることになりますので、リースまたは再リース終了物件の適正処理にご協力をお願いします。
(リース期間終了時の取扱いについては「リース終了時」を参照して下さい。)

閉じる

Q) 中途解約はできますか?

リース契約はレンタルと異なり、リース期間の途中で解約することはできません。しかし、やむを得ない場合は、物件を返還いただき、中途解約金をお支払いただいて契約を解約することになります。
詳細につきましては、当社営業担当者までお問い合わせください。

閉じる

Q) 法定耐用年数の異なる複数の物件をあわせてリース契約できますか?

できます。ただし、適正リース期間の求め方には注意が必要です。例えば、什器備品について複数種類の物件をリースする場合は、それぞれの物件の法定耐用年数を加重平均した年数をまず計算し、それを基に適正なリース期間を求めます。

<例>

 
物件 取得総額 法定耐用年数 ① ÷ ②
A 1,200,000円 3年 400,000円
B 28,000,000円 8年 3,500,000円
C 5,000,000円 4年 1,250,000円
34,200,000円 5,150,000円

① ÷ ③ =(34,200,000円)÷(5,150,000円)= 6.641年
従って、加重平均した法定耐用年数は6年(小数点以下の端数は切り捨て)となり、この場合の適正リース期間は、4年(6年の70%。1年未満切捨て)以上となります。

閉じる

Q) 搬入据付費用は、リースの対象になりますか?

搬入据付費用は、原則としてリース物件の取得価額の一部になりますので、リース対象額に含めることができます。

閉じる

Q) 当社は中小企業に該当しますが、賃貸借処理は行えますか?

賃貸借処理が可能です。中小企業が行うリース取引は、『中小企業の会計指針』により、売買処理だけでなく、賃貸借処理も可能とされています。なお税務上も、リース料が期間均等の月払いであれば、申告調整不要となりますので簡便です。

閉じる

Q) 消費税の取り扱いはどうなりますか?

リース取引は、会計処理の方法に関わらず、税務上は、売買として取り扱われます。そのため、リース取引開始時に、リース料総額全体に係る消費税を一括して控除することになりますが、賃貸借処理をしている場合には、実務的な対応として、リース料を支払うべき日の課税仕入とすることも認められています(分割控除可)。

閉じる

お問い合わせ

各種サービスに関するご質問、ご相談などはこちらからお問い合わせください。

インターネットでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

お電話でのお問い合わせ

お近くのオフィスへお問い合わせください。

お問い合わせ

ページの先頭へ